スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人が「NINJA ZX-6R」を購入した


僕とよく一緒にツーリングに行く友人(Ninja 250R乗り)がNinja ZX-6Rを購入しました。早く大型買えよwww」といつもからかっていたのですが、本当に買いやがったwww

8320.jpgNINJA ZX-6R ABS
参考小売価格 1,285,200円(本体価格1,190,000円)
排気量636cm³。全回転域で優れたパフォーマンスを発揮し、サーキット走行はもちろん、ワインディングロード、高速道路、市街地など、公道走行での扱いやすさも実現。 Ninja ZX-14Rと同にKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を搭載。

その友人は鈴鹿サーキットにレース観戦しに行ったり、サーキット走行をするような人物です。彼が250ccのバイクの頃、僕は大型なのに峠では追いていかれてました。タイトな低速コーナーが続くような道ではまだついていけますが、中速コーナーになると全くついていけません。峠の上りですら負けます。本当にスイスイ気持ちよく曲がっていきます。後ろから見てると羨ましくなります。 

とは言え、さすがに高速や一般道の追越などでは、トルクのある大型の方が有利で、若干上から目線だったのですが、これからは 

立場が逆転しそうです・・・

NC750Xで一緒にツーリングに行った結果

 
一般道内での加速なら全然ついていけますが、ちょっとでもワインディングになるとガチでついていけません。速すぎる。本当にお手上げ状態になります。

ちょっと試乗させてもらったのですが、ライディングポジションは言うまでもなく、きついです。フットペダルの位置がかなり後方の高い位置にあり、本当にバイクにしがみつくようなポジションになります。ZX-6Rに乗ってからNC750Xに乗ったら、「自転車か!」と思うくらい楽でした。ZX-6Rに慣れると、NC750Xが楽過ぎて物足りなさを感じてしまうぐらい。

タコメーターの回転数は1万6千回転からレッドゾーンで、8千回転も回せば、NC750Xの8~9割の加速感って感じでしたwww 一般道では1万回転以上は回せません。友人も言ってましたが、サーキットのような場所でないと使えません。

僕みたいな素人が乗ったら事故を起こす可能性がとても高いです。運転技術が向上したような感覚に陥り、限度(限界点)を超えてしまいます。運転技術や経験が伴っていないと危険なバイクです。彼のように小さい排気量のバイクから運転技術を磨いてステップアップするのがベストでしょうね。今、年配の方がハイスペックなバイクに乗り、事故を起こすケースがとても増えているようです。

  

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。