愛車候補4 TRACER700(YAMAHA)


9214c23e0b2c2d8ebf039b2b61da35051ad7938b_xlarge.jpg 
ヤマハヨーロッパからトレーサー700が発表・発売されました。MT-07のプラットフォームから開発されたスポーツツアラーモデル。日本での発売は未定となっています。


排気量的にホンダのNC750Xとライバル関係になります。簡単なスペックをNC750Xと比較してみました。

TRACER700 NC750X Type LD
最高出力 74.8PS / 9000rpm 54PS / 6250rpm
最大トルク 6.9kg-m / 6500rpm 6.9kg-m / 6250rpm
車両車重 196kg 218kg
燃料タンク 17リットル 14リットル
シート高 845mm 800mm

スペックだけで比較するならトレーサー700の方が魅力的に見えますね。エンジンは当然NCよりも回りますし、重量が20kg以上も軽いです。確実にNCよりも運転は楽しいでしょうね。シート高が高めなので、足つきが少し気になるぐらいです。

NC750Xの最大の特徴の燃費は、NC750Xが42.0km/lに対して、38.4km/l(MT-07参考)となっています。MT-07ユーザーの実質燃費を見てみると、大体リッター25km前後でした。ちなみに僕のNC750Xはリッター30前半です。

気になる値段ですが、ヨーロッパではMT-07に対して、約15万円ほどの上昇だそうです。日本ではMT-07が税込みで699,840円と約70万。なので、販売されるとしたらトレーサー700の値段は85万円前後になるでしょうね。ただ、新車でトレーサー700を買うなら、中古で上位モデルのMT-09トレーサーを購入するのも選択肢の一つです。

いやー日本で発売になったらマジで考えますよ。ただ、今どきのバイクでハロゲンライトが微妙なところです。ホンダはどんどんLED化してますからね。その辺が見劣りしました。


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する